Home » 未分類 » 注文住宅を依頼するのはどこ?工務店に依頼するときのメリット

注文住宅を依頼するのはどこ?工務店に依頼するときのメリット

工務店とはどういう業者か

注文住宅を建設する際には、さまざまな方法が考えられます。ハウスメーカーや設計事務所、フランチャイズなど、いろいろな依頼先が存在します。その中で工務店に依頼するメリットはどこにあるでしょうか。そもそも工務店というのは、大工の棟梁がより発展したような形態の業者です。かつての日本の建築は、大工の棟梁が左官などを指導し、統率することによって進められてきました。工務店はこうした大工の棟梁的な部分を踏襲し、工事をすべて管理することによって、より専門的で総合的な工事を請け負っている業者のことを言います。

さまざまな形態が存在する工務店

一口に工務店と言っても、それぞれにさまざまな形態が存在すると言うところに工務店の特徴があります。工務店でありながらハウスメーカーのような住宅を規格化して販売するところもありますし、従来の工務店らしい大工の棟梁のような役割を担う工務店もあったりします。施工のみを専門として住宅の設計を行わない工務店や、逆に設計の方を重視する工務店もあったりするようです。工務店に依頼する際は、こうした違いを意識する必要があるということですね。

工務店に依頼するメリットとは

さまざまな業態がある工務店では、依頼した工務店によってそのメリットやデメリットも少なからず変わってきます。なのでメリットを説明するときには、ある程度最大公約数的な議論をしなければいけません。たとえばコスト面からすれば、よりハウスメーカー的な規格化された住宅を販売している工務店では比較的リーズナブルに住宅を建てることができるかもしれませんが、逆にデザインを重視しているようなより自由度の高い工務店では、建築費もより高くなってしまう傾向にあるのです。

注文住宅には、ハウスメーカーなどの予め決められた間取り以外に、自由な間取りを考案して施主の要望が叶えやすいというメリットがあります。

最近のコメント