Home » 未分類 » 賃貸住宅に住むメリットは、今こそ大きい!

賃貸住宅に住むメリットは、今こそ大きい!

生涯支出を比べるとあまり差がないらしい

最近、マイホームを購入せずにずっと賃貸住宅に住み続けることを選択する人が増えているそうです。今までは、結婚して子供が生まれたら、そろそろマイホーム購入計画を立てはじめ、子供が小学校に入ることには念願のマイホーム購入、というのが一般的なパターンだったようですが。実は、これにはいくつか理由がありますが、もっとも大きいのはある調査機関が、マイホームを購入した場合と賃貸住宅に住み続けた場合に支出する総額を比較した結果、ほとんど差がないと発表したことだそうです。このニュースが拡がったことが影響しているようです。

でも、自分の資産を持っていたほうが安心では?

マイホーム購入派は、自分の資産を所有することで将来が安心だという点をメリットに挙げます。ほとんどの人が購入の際に金融機関から住宅ローンを組んでいるようですが、このローンを支払い終えると、あとは毎月の負担なしで自分の家に住めるというところに安心感を感じているようです。しかし、実際には、購入時の頭金や月々のローン返済、固定資産税、さらに定期的に必要なリフォーム費用など、収入のいかんにかかわらず、最初から最後まで一定の支出は続くようです。

収入や仕事に合わせて自由に引越し、これが賃貸のよさ

一方、賃貸に住み続けた場合、いつまで経っても自分の家は持てません。一生、家賃を支払い続けることになります。しかし、言い換えれば、収入や生活スタイルに合わせた賃貸物件を探して、必要に応じて引越しすればいいということになります。ローンや固定資産税、さらにはリフォーム費用に悩む必要もなく、ご近所さんとの人間関係トラブルに巻き込まれたり、環境が悪化しても、引っ越せばすべてが解決します。このような状況が賃貸派が増えている背景にあるようです。

札幌市は市電のループ化工事が行われています。環状運転が実施されれば街中の周回がしやすくなることでしょう。開業は2015年秋を予定していますが、札幌の賃貸を探す方は利便性の向上した市電沿線が狙い目です。

最近のコメント